■プロフィール

まりも@京都を走る

Author:まりも@京都を走る
FC2ブログへようこそ!

■最新記事
■最新コメント
■最新トラックバック
■月別アーカイブ
■カテゴリ
■検索フォーム

■RSSリンクの表示
■リンク
■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QR

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
2012京都マラソンが終わって
もう1週間以上前になりましたが、2012京都マラソンが無事に終了しました。

地元のランナーとしては、京都マラソンの開催発表当時から何とかこのマラソンを無事に開催してほしい、多くのランナーや市民に愛されるマラソンとして定着してほしい、という思いを胸に、何かできることはないかずっと模索してきました。

アップダウンの多い縁辺部や河川敷を走る、本当に都市型マラソン?というようなコース設定、「当日はノーマイカーデーでお願いします」一辺倒で、盛り上げに欠ける主催者側の情報発信、当落発表の突然の延期、個人ボランティア志願者に対する無理な日程での説明会開催・・・など、マイナス要因ばかりで本当に開催できるのだろうかと直前まで心配された大会でしたが・・・

当日はお天気にも恵まれ、大会自体を左右するような大きな事故もなかったようで、無事に終わったようで何よりです。
もっとも、緊急車両通行のためのランナーストップが随所であり、その都度かなりの長時間の足止めを食ったランナーもおられたようで、記録を狙っておられた方にはお気の毒でなりません。それをめぐる小さなトラブルもあったようですが、何よりそれを入れても、参加された多くのランナーが「よかった」「楽しかった」という感想を持たれたことが本当に嬉しくてたまりません。

さらに、「ボランティアや市民の方の応援が熱心でよかった」という声が多く寄せられたことが本当に嬉しくてたまりません。確かに他の都市に比べ立体交通の少ない京都は、長時間の交通規制で陸の孤島になってしまう地域が多く、市民生活にも多大な影響が出るのは否めません。市民から迷惑イベントに思われて、応援もほとんどないのではないかと懸念していたのですが、それは杞憂に終わったようです。

仁和寺のお坊さん達の静かながら力強く「京都らしい」応援もすばらしかったです。

改善すべき問題点は山積みながら、将来的にもっといい大会に育てていける希望を持てる大会になりましたね。
参加されたランナーの皆さん、ボランティアやスタッフの皆さん、表に陰に応援して下さった市民の皆さん、お疲れ様でした。

また来年も、この喜びが味わえますように。


スポンサーサイト
京都マラソン | 13:52:10 | トラックバック(1) | コメント(3)
いよいよ京都マラソンです
第1回京都マラソン、いよいよ明日から選手受付が始まります。

ボランティア作業は今日から始まりました。
今日は、明日の受付でお渡しする袋に、プログラムや荷物預け袋、各種チラシ、試供品等を封入する作業を行いました。

作業場となった「みやこメッセ」では、スポンサー企業のブースの設営も行われ、明日からの受付に向けた準備が着々と行われていました。

明日からは若干気温が下がり、金・土は一時雨の予報も出ておりますが、日曜日当日はお天気も回復するようです

私も、明日、明後日は受付会場、当日は沿道(清滝道一条通~大覚寺)でのコース整理のボランティアで頑張ります。
選手として参加される皆さん、応援の皆さん、お迎えする京都市民の皆さんの、たくさんの笑顔が見られますように







京都マラソン | 22:08:20 | トラックバック(1) | コメント(0)
京都マラソン 応援プラン(その2)
レンタサイクルで回るプランを考えてみました。
コース前半は坂が多く、プランニングが少し難しいので、コースのの後半に重点をおいています。

京阪三条駅、もしくは出町柳駅付近のレンタサイクルを借りて
鴨川(賀茂川)河川敷を遡上。右岸(西側)はマラソンコースになるため、もしかしたら自転車進入禁止になるかもしれないので、その場合は左岸(東側)で。

【応援ポイント】
御薗橋東詰付近(20km手前 トップ通過9:30過ぎ~最終11:30頃?)
 
 ①→②への移動、約2.5km(15分) ※左岸河川敷を南下して、出雲路橋東詰に自転車を止めて橋を渡って応援。

出雲路橋西詰付近(33km付近 トップ10:10頃?~最終13:00頃?)

 ②→③への移動、約3km(25分) ※左岸河川敷を南下、出町橋から出町柳方面へ渡り、さらに左岸を南下、丸太町橋南から川端通りへ上り、少し南へ行って、疏水沿いの冷泉通を東へ、東大路通りを北へ。 

熊野神社前交差点付近(41km付近 トップ10:40頃?~最終14:15頃?)

【レンタサイクル一覧】 http://www.eco3196.com/rental_kyoto.html


京都マラソン | 23:11:23 | トラックバック(0) | コメント(2)
京都マラソン 応援プラン
京都マラソン当日の応援モデルプランを考えてみました。(ゴールタイム4時間の応援を想定)

スタート地点(西京極陸上競技場)

西京極(8:57河原町行、後ろの方に乗車)→西院(8:59)→急いで移動、嵐電西院(9:03嵐山行)→帷子ノ辻(9:15、乗換9:21北野白梅町行)→御室仁和寺(9:27)

「御室仁和寺」駅から北へ徒歩1,2分でコースに出ます。仁和寺山門付近で応援

御室仁和寺(10:11帷子ノ辻行)→帷子ノ辻(10:17、乗換10:19四条大宮行)→嵐電天神川/〔地下鉄〕太秦天神川(10:30六地蔵行、後ろの方に乗車)→烏丸御池(10:38、乗換10:41国際会館行)→松ヶ崎(10:52)

松ヶ崎駅付近で応援(折り返し区間なので、うまくすれば2回応援可)

松ヶ崎(11:39新田辺行、後ろの方に乗車)→烏丸御池(11:51、乗換11:53六地蔵行)→東山(11:58)

東山駅から北へ徒歩7,8分のゴール地点(岡崎公園平安神宮鳥居)付近で応援

事前に京都地下鉄・嵐電1dayチケット(1000円)を入手しておけば、交通費は1150円で済み、阪急以外の切符はその都度買わずに済み、楽に移動できます。
西京極から御室仁和寺への移動が結構タイトなので、スタート地点をあきらめ、1つめの応援箇所を嵐山にするという手もあります。その場合、「三条通清滝道」付近で応援して、徒歩5分の嵐電「嵐山」or「嵐電嵯峨」より乗車、「嵐電天神川」で地下鉄乗換え、松ヶ崎へ向かい以下同じでいかがでしょう。




京都マラソン | 18:22:02 | トラックバック(0) | コメント(1)
目の神様お参りラン
個人的なことですが、今度ダンナがちょっとした目の手術をすることになりました。
何でもランのネタにするのが得意な私は、京都の目の神様を巡って、手術の無事成功を祈願してきました。

さて今回ですが、北区の神光院、左京区の聞名寺(もんみょうじ)、東山区の目疾地蔵(仲源寺)を巡りました。

最初にお詣りするのは北区の神光院。とりあえず、京都マラソンのコースをたどって行きます。
西大路から北大路、今宮門前通へ。
DSC04225.jpg

今宮神社も病気平癒には御利益があるのですが、今日はとりあえず見送り。
船岡東通を北へ向かいます。京都マラソンは、御薗橋通を東に行きますが、今日はそのまま北へ。
ほどなく神光院に着きました。

神光院は、弘法大師が42歳の時にここで修行され、京都三大弘法の一つだそうです。厄除の神様として知られていますが、弘法大師が修行中、眼病治癒の祈祷をされたことから、眼病に御利益もあるそうです
お堂の前ではおばあちゃんが熱心に真言を唱えておられました。
なんかいいなあ、こういうの。
私も、ロウソクとお線香をお供えして、護摩木にお願いごとを書いてきました。

DSC04230.jpg


なんかだんだん雲が厚くなってきたので、先を急ぎます。
途中でお昼食べようかと思っていましたが、雨の降る前に行けるところまで行こう。

賀茂川河川敷に出て南に向かいます。

DSC04235.jpg


平日なので、いろいろな学校がマラソン大会や、体育の授業をしていました。
その中をひたひたと走って行きます。
河川敷の工事や、川砂利の浚渫をしていました。すべて工期は3月10日まで。京都マラソンの前日ですね。
きれいになった河川敷がコースになるというわけですね。

二条大橋で河川敷を離れ、二条通を東へ。
次にお詣りするのは、聞名寺(もんみょうじ)です。
このお寺は知りませんでしたが、ネットで調べると目の神様として出てきます。
平安時代、眼病を患っていた時康親王(ときやすしんのう・後の光孝天皇)が、夢告により慈覚大師に地蔵菩薩を作らせて祀ったところ眼病が治ったという伝説で、「明眼地蔵」として眼病平癒の信仰を集めています

DSC04245.jpg


門を入ったところにありました。
お詣りしていると、もう一組夫婦が訪れてお詣りされてました。小さなお地蔵さんですが、信仰が絶えません。
お守りとお札をいただきました。

とうとう雨が降りだしました。冬の雨に打たれると風邪をひくので、ランは終了。
傘をさして歩いて行くことにしました。
白川に沿っていきます。祇園町もしっぽり雨模様。

DSC04255.jpg


祇園町のある店先で見かけたこれ、何でしょう?気になる。
DSC04256.jpg


最後にお詣りするのは、四条通の仲源寺。目疾地蔵(めやみじぞう)です。
本来は、洪水の時に雨を止ませる「雨止地蔵(あめやみじぞう)」だったそうですが、それが転じて「目疾地蔵」になったとも、このお地蔵さんが近所の信仰厚い老翁の眼病を肩代わりして、老翁の眼病が治ったとも伝えられているそうです。

DSC04260.jpg


ここでももう一組の老夫婦がお詣りされていました。
私もロウソクとお線香をお供えして、お守りをいただきました。

さあ、これでダンナの手術も成功するでしょう。
目神様、どうぞよろしくお願いします。


個人的ラン | 10:33:41 | トラックバック(0) | コメント(2)
次のページ

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。