■プロフィール

まりも@京都を走る

Author:まりも@京都を走る
FC2ブログへようこそ!

■最新記事
■最新コメント
■最新トラックバック
■月別アーカイブ
■カテゴリ
■検索フォーム

■RSSリンクの表示
■リンク
■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QR

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
【京都マラソン】コースインプレッション(後編)
京マラマップ

【30~35km】

下鴨中通を上がって、北山通に戻って左折。府立資料館、植物園を左手に見ながら、北山大橋を渡ります。
渡り終わったら左折して加茂街道。
DSC00270.jpg

しばらくは堤防上を行きますが、途中から河川敷に。下り口は狭く、路面も変わり下りなので、ここもランナー密度が濃い~時間帯は詰まりそうですね。
京都シティハーフマラソンの時でも、河川敷に下りるところは必ず詰まりました。

河川敷は空は広くて、それなりに開放感があります。
DSC00272.jpg

道幅も1~1.5車線ほどはありますが、何せ路面が凸凹しています。時々砂を入れてるのですが、ちょっと雨が降るとすぐに掘れてしまうのですよ。
毎年frunで開催してる「京都鴨川おこしやすマラソン」でも、この走路のサーフェイスには困ってます。あるランナーさんは「クロスカントリーのよう」と表現されましたから・・・
よく路面を見て、足を取られないようにして下さいね。
雨も困りますが、乾燥しすぎてても砂埃が出るかも

でも景色はいいですよ。特に北大路橋を越えると、送り火の「大文字山」や東山方面がよく見えます。

北大路橋に始まり、出雲路橋、新葵橋、出町橋、賀茂大橋、荒神橋と右岸で6つの橋をくぐりますが、その度に多少のアップダウンがあります。それから橋桁でコースが狭くなりますので、これにも注意してね。

出町橋を過ぎると賀茂川と高野川が合流する通称「鴨川デルタ」を左手に見ますが、この辺りはとりわけ走路が狭いです。橋も集中してアップダウンの連続、タイム狙いの高速ペースランナーではかなりテクニックを要求されるのでは?

賀茂大橋下流は比較的河川敷広いです。が、ところどころ隘路もあるので、気を抜かないように。
荒神橋下流付近で35km。

【35~40km】

丸太町橋で鴨川を渡るので、橋の手前で河川敷から道路に上がりますが、この出口が「おいおい、これが大規模マラソンのコースかよ!」と思わず口に出てしまうほどの超隘路。しかも上り。
DSC002731.jpg

上ったら、超鋭角で左折。ここも難易度高いよ~。正面には旧京都中央郵便局中京分局だった近代建築があるのだけど、あまりゆっくり見てる暇ないかも。

丸太町橋を渡ったら川端通を左折。ここは道幅もあるので割に走りやすいと思います。東一条通を右折すると、正面の奥に「大文字山」が見えますよ~
DSC00277.jpg

東に走るにつれて、周りはだんだん京都大学の関連の建物が増えてきます。

東大路を左折、ここからまたしばらく高校駅伝・女子駅伝のコースと同じですよ。京大西部講堂や京大博物館の間を通って、百万遍を右折。今出川通になります。道幅はありますが、緩い上りになっています。白川通手前で折り返し。まっすぐ行けば銀閣寺ですが、全く見えませんのであしからず。交差点の名前が「銀閣寺道」なので、それでああ銀閣寺の近くだな~と思ってください(笑)

上ってきたので、折り返せば緩く下ります。すれ違うランナーにエールを送りながら気分よく走れるかな。
再び百万遍で左折して、少し行った辺りが40km。

【40km~ゴール】

さあ、ようやくゴールも近づいてきました。東大路は両側に京都大学関係の建物がずっと続いています。右手に大きな京大病院が見えてきたら、
DSC00280.jpg

そろそろ東大路も終わり、まもなく丸太町通を左折。北東角には八つ橋のお店があるので、風向きによってはいい香りがするかも。

丸太町通を東へ行くと、右手に平安神宮の森が見えてきます。ゴール近いですね~。あとひとがんばりですよ。歩道橋を過ぎたら、すぐ右折。この角は以前の京都シティハーフでも岡崎公園への入口でした。ハーフの時はまたすぐに右折してゴールに向かったけど、今回は直進。動物園や京都市美術館の間を抜けて、疏水のある仁王門通で右折。もうゴールの平安神宮の大鳥居がチラチラと見えます。そのままスパートしていきたいのですが、最後の最後にまたコーナーがあるので、うまくコース取りしてかっこよくゴー-ル!
DSC00284.jpg

お疲れ様でした。


【総評】

冒頭にも言いましたが、テクニカルなコースです。
コーナーとアップダウンがかなり多いです。
路面も走路幅も変化が大きいです。

ただ、走ったことのある東京マラソン、下見に行った大阪マラソンとの違いは、東京・大阪がコース後半に湾岸部となり景色が単調、大味すぎるコースとなっているのに対して、後半~最終版に結構景色がよくて、市街地にも近いので応援が期待できそうってところです。

それから、開催される3月11日。前身の京都シティハーフマラソンも毎年3月第2週に開催されていましたが、まだこの時期の京都は冬の名残が強くて、場合によっては雪も降ることもあります。寒くなると季節風が強くなるので、市街地の縁辺や河川敷の多いこのコースではかなり寒いことも予想されます。こればかりはふたを開けてみないとわかりませんけど・・・







スポンサーサイト


京都マラソン | 15:04:01 | トラックバック(0) | コメント(2)
コメント
ありがとうございます
 もちろん当日は ランナーさんのサポート役 ボランティアですが
それまでに 京都を走られるランナーさんの為に ブログにもUP
しました。

 もっと多くのランナーさんに 見て イメージして頂きたいですね。
2012-02-14 火 10:22:19 | URL | キャサリン [編集]
キャサリンさん、ありがとうございます。
そうなんです。走られる方に参考になれば嬉しいです。
2012-02-14 火 12:18:10 | URL | まりも [編集]
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。