■プロフィール

まりも@京都を走る

Author:まりも@京都を走る
FC2ブログへようこそ!

■最新記事
■最新コメント
■最新トラックバック
■月別アーカイブ
■カテゴリ
■検索フォーム

■RSSリンクの表示
■リンク
■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QR

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
【京都マラソン】コースインプレッション(後編)
京マラマップ

【30~35km】

下鴨中通を上がって、北山通に戻って左折。府立資料館、植物園を左手に見ながら、北山大橋を渡ります。
渡り終わったら左折して加茂街道。
DSC00270.jpg

しばらくは堤防上を行きますが、途中から河川敷に。下り口は狭く、路面も変わり下りなので、ここもランナー密度が濃い~時間帯は詰まりそうですね。
京都シティハーフマラソンの時でも、河川敷に下りるところは必ず詰まりました。

河川敷は空は広くて、それなりに開放感があります。
DSC00272.jpg

道幅も1~1.5車線ほどはありますが、何せ路面が凸凹しています。時々砂を入れてるのですが、ちょっと雨が降るとすぐに掘れてしまうのですよ。
毎年frunで開催してる「京都鴨川おこしやすマラソン」でも、この走路のサーフェイスには困ってます。あるランナーさんは「クロスカントリーのよう」と表現されましたから・・・
よく路面を見て、足を取られないようにして下さいね。
雨も困りますが、乾燥しすぎてても砂埃が出るかも

でも景色はいいですよ。特に北大路橋を越えると、送り火の「大文字山」や東山方面がよく見えます。

北大路橋に始まり、出雲路橋、新葵橋、出町橋、賀茂大橋、荒神橋と右岸で6つの橋をくぐりますが、その度に多少のアップダウンがあります。それから橋桁でコースが狭くなりますので、これにも注意してね。

出町橋を過ぎると賀茂川と高野川が合流する通称「鴨川デルタ」を左手に見ますが、この辺りはとりわけ走路が狭いです。橋も集中してアップダウンの連続、タイム狙いの高速ペースランナーではかなりテクニックを要求されるのでは?

賀茂大橋下流は比較的河川敷広いです。が、ところどころ隘路もあるので、気を抜かないように。
荒神橋下流付近で35km。

【35~40km】

丸太町橋で鴨川を渡るので、橋の手前で河川敷から道路に上がりますが、この出口が「おいおい、これが大規模マラソンのコースかよ!」と思わず口に出てしまうほどの超隘路。しかも上り。
DSC002731.jpg

上ったら、超鋭角で左折。ここも難易度高いよ~。正面には旧京都中央郵便局中京分局だった近代建築があるのだけど、あまりゆっくり見てる暇ないかも。

丸太町橋を渡ったら川端通を左折。ここは道幅もあるので割に走りやすいと思います。東一条通を右折すると、正面の奥に「大文字山」が見えますよ~
DSC00277.jpg

東に走るにつれて、周りはだんだん京都大学の関連の建物が増えてきます。

東大路を左折、ここからまたしばらく高校駅伝・女子駅伝のコースと同じですよ。京大西部講堂や京大博物館の間を通って、百万遍を右折。今出川通になります。道幅はありますが、緩い上りになっています。白川通手前で折り返し。まっすぐ行けば銀閣寺ですが、全く見えませんのであしからず。交差点の名前が「銀閣寺道」なので、それでああ銀閣寺の近くだな~と思ってください(笑)

上ってきたので、折り返せば緩く下ります。すれ違うランナーにエールを送りながら気分よく走れるかな。
再び百万遍で左折して、少し行った辺りが40km。

【40km~ゴール】

さあ、ようやくゴールも近づいてきました。東大路は両側に京都大学関係の建物がずっと続いています。右手に大きな京大病院が見えてきたら、
DSC00280.jpg

そろそろ東大路も終わり、まもなく丸太町通を左折。北東角には八つ橋のお店があるので、風向きによってはいい香りがするかも。

丸太町通を東へ行くと、右手に平安神宮の森が見えてきます。ゴール近いですね~。あとひとがんばりですよ。歩道橋を過ぎたら、すぐ右折。この角は以前の京都シティハーフでも岡崎公園への入口でした。ハーフの時はまたすぐに右折してゴールに向かったけど、今回は直進。動物園や京都市美術館の間を抜けて、疏水のある仁王門通で右折。もうゴールの平安神宮の大鳥居がチラチラと見えます。そのままスパートしていきたいのですが、最後の最後にまたコーナーがあるので、うまくコース取りしてかっこよくゴー-ル!
DSC00284.jpg

お疲れ様でした。


【総評】

冒頭にも言いましたが、テクニカルなコースです。
コーナーとアップダウンがかなり多いです。
路面も走路幅も変化が大きいです。

ただ、走ったことのある東京マラソン、下見に行った大阪マラソンとの違いは、東京・大阪がコース後半に湾岸部となり景色が単調、大味すぎるコースとなっているのに対して、後半~最終版に結構景色がよくて、市街地にも近いので応援が期待できそうってところです。

それから、開催される3月11日。前身の京都シティハーフマラソンも毎年3月第2週に開催されていましたが、まだこの時期の京都は冬の名残が強くて、場合によっては雪も降ることもあります。寒くなると季節風が強くなるので、市街地の縁辺や河川敷の多いこのコースではかなり寒いことも予想されます。こればかりはふたを開けてみないとわかりませんけど・・・









京都マラソン | 15:04:01 | トラックバック(0) | コメント(2)
【京都マラソン】コースインプレッション(中編)
京マラマップ

【15~20km】

北大路から朱塗りの鳥居をくぐり、今宮門前通に入りますが、道幅は片道1車線になり急に狭くなります。コーナーと幅員減少で前方が詰まりやすくなると思いますので、気をつけてくださいね。
ここは静かな通りです。左手に高校、右手に続く塀は大徳寺。正面の門が今宮神社です。
DSC00248.jpg

マラニックなら今宮神社参道のあぶり餅で一服ってところですが、レースですから(笑)

今宮門前から右折→左折とクランク状にコーナーが連続します。船岡東通を上がります。やや上り気味ですが、特に特徴の少ない通りです。御薗橋(みそのばし)通で右折。今度は下り気味です。徐々に定食屋やゲームセンターが増えて京都産大の学生街といった感じです。

賀茂川の御薗橋に出たら、鋭角に左折。このコーナーは高速ランナーはコース取りが難しそうです。(私には無縁ですが・・・)
道幅は相変わらず片道1車線ですが、右手に賀茂川が開けるので、少し開放感があります。白い欄干の西賀茂橋を渡り対岸へ。左岸を下ります。橋は短いですが、わずかにアップダウンとなります。
DSC00253.jpg


左岸に出てすぐ、右手後方を振り返ると、送り火の「舟形」が見えますよ。
DSC00254.jpg


再び御薗橋まで戻ってきたら、橋を渡って右岸へ。加茂街道を下ります。桜並木のきれいな道ですが、季節的にはまだ早いですね。

この辺りが20km。

【20~25km】

この辺りから、コースは折り返しが多く、行ったり来たりという感じが続きます。

御薗橋から2つ目の橋の北山大橋で左折、北山通に入ります。
DSC00258.jpg

北山通は、以前の京都シティハーフマラソンでもコースになっていたところで、南側に植物園、北側にショップやカフェ、レストランが点在する洒落た通り。道幅も広くなりますが、中央分離帯で区切られて片側通行になるので、体感的には変わらないかも。

1.3kmほど行くと宝ヶ池通に左折。急に視界が開けて、目の前に送り火の「妙」が飛び込んできます。ちょっと圧巻。ここは歩道がとても広いのでゆったりとした感じがありますが、折り返しコースなので走れる道幅は狭くなります
DSC00260.jpg

でもここから難所の「狐坂」の始まり。
DSC00262.jpg

京都の小学校対抗駅伝大会の「大文字駅伝」でも最大の難所として知られてます。右にカーブすると急な上りが始まります。7%の表示がありました。距離的には500mほどですので、耐えてがんばって上ってくださいね

上りが終わると、右手に宝ヶ池。でも、コースからはちょっと見えないかも。そしてトンネルをくぐります。都市型マラソンでトンネルがあるというのも珍しいかもね。

トンネルを抜けたらすぐ右折します。宝ヶ池公園とプリンスホテルに囲まれて、結構きれいな通りです。右手に京都国際会議場が見えた辺りが折り返し。同じコースを引き返します。トンネルを出た辺りが、25km地点です。

【25~30km】

狐坂を下るとき、視界が開けて市内が眼下に見えます。この辺、下りだし気持ちいいと思います。でも急なので景色に見とれて転倒しないように!写真取り損ねたので、当日のお楽しみ(笑)

北山通に戻り左折、片道2車線の車道を行きます。
最初コースマップを見たとき、この辺は折り返しばかりで、走っててもメンタル的に厳しいかもって思っていたのですが、意外に折り返しの距離が短く感じて飽きずに走れましたよ。折り返しが多いってことは、ランナーとそれだけすれ違えるので、お仲間さんがたくさん出てる方は、知った顔探しながら走れて気が紛れるかも。

しんどさが出てくる距離ですので、何でも気持ちの持ちようですわ。

高野川手前で折り返して、北山通を西に戻ります。
2km弱走ったら、下鴨中通を左折。また道幅細くなります。
DSC00268.jpg

右手にコンサートホールや京都府立大学を見て、北大路手前で折り返したら30km。






京都マラソン | 11:37:21 | トラックバック(0) | コメント(2)
【京都マラソン】コースインプレッション(前篇)
今日は、走るパーソナリティのわかちゃん、走るジャーナリストのむうさんと一緒に、京都マラソンのコースを試走してきました。

京マラマップ

今日実際走ってみて、一言で言えば「かなりテクニカルなコース」でしょう。
道幅、アップダウン、コーナーの多さ、路面状態、どれをとっても結構難しいと思います。
ただ、雰囲気としては、思ったよりは京都らしいコースかもしれません。
あとは、参加者の皆さんがその雰囲気を感じる余裕があるかどうかですね(笑)

コースに沿って、ちょっと紹介してみます。

【0~5km】
西京極をスタートして、最初五条通に出ますが、競技場内、路面が石畳なので足をとられないようにね。
五条通りは道幅も広いですが、中央分離帯があるので、その辺どうでしょうね。

葛野大路五条で左折。
DSC00229.jpg

葛野大路を上り(北へ行くこと)ます。道幅はまだ広い。この辺は、倉庫とか教習所とか工場とか、ロードサイド店が多いところ。

四条通りを西へ。右手に京都外大を過ぎ、天神川を渡ると、右手には三菱自動車の大きな工場。道幅は片側2車線。左手にも工場やパチンコやさんなどが続きます。右に少しカーブして、「梅津段町」を越えると(コースマップの四条通の青矢印の辺)、道幅が狭くなりますよ
DSC00230.jpg

この辺、まだスタートして3kmくらいなので、ばらけてないと思います。ちょっと団子になってる可能性あり。

正面に西山がどんどん近づいてきて、突然景色がどーーーーっと開けます
DSC00231.jpg


桂川に出ました。ここは松尾橋。正面に松尾大社の赤い鳥居が見えます。コースはここで右折。前方に愛宕山がそびえる「罧原(ふしはら)堤」に入ります。景色がいいので、気分よく走れそう。でもまだランナー密度が高そうなので、接触転倒に注意して。

【5~10km】

罧原堤の途中が5km地点。コースが左側にカーブしてくると、左手正面の奥の方に渡月橋が見えます。
渡月橋の辺が嵐山の中心地なのですが、その手前で右折して嵐山高架橋に入ります。
※高架橋は自動車専用道路なので、通常は歩行者・自転車は進入不可
高架橋の傾斜はちょっときついですよ。でも登り切ると、左右に景色が開けますから、ちょっと楽しみです。

高架橋を下ると、新丸太町通を渡って清滝道に入ります。緩い登り。
左手方向が嵯峨野観光のメッカですが、ランナーは素通り。右折し一条通に入り、道なりに行くと、左手のずーっと奥に大覚寺があります。見えないけど雰囲気感じてDSC00235.jpg


道幅は片道一車線が続きます。だんだん田畑が広がるようになってきて、「京に田舎あり」って感じです。左手が開けてきたら、左後ろ斜め方向に愛宕山とその手前に五山送り火の「鳥居形」が見えますが、急に止まったり振り返ったりすると危ないので気をつけてね。

左前方には富士山のような形の遍照寺山とその手前に広沢池。風光明媚なところです。
DSC00236.jpg

広沢池を過ぎると少しずつ上りになってきますよ。山越交差点を越えると本格的な上りになります。両側は竹藪には多くて少し圧迫感があるかも。この辺は道も曲がりくねっていて見通しがあまりよくありません

上り詰めたら急な下り。10km地点はこのあたりです。

【10~15km】

下ってまた上ると福王子交差点。まっすぐ行くと仁和寺が近いです。この先のコンビニ(セブンイレブン)は「京都らしい?コンビニ」でとても落ち着いた色使いですよ。
DSC00240.jpg
レース中には確認できないかな(笑)

仁和寺の大きな山門の前を通り抜けます。(写真ブレててすみません)

DSC00241.jpg

右手には双ガ丘。
左にカーブするとまた上りが始まります。山際を通るのでここも結構きつい。上りがいったんおさまると左手に龍安寺。でも気をつけてないと、通り過ぎてしまいます

また上りが始まって、衣笠山の麓を行きます。右手の塀は立命館大学。
上り詰めると急な下り。バス乗り場の左手にある白い建物は堂本印象美術館。
その先、右折して馬代(ばだい)通を下り(南へ)ます。上立売通で左折して、西大路通に出た正面が平野神社。桜の有名な神社ですが、京都マラソンの時期はまだ早いですね。

ここから西大路を上っていきます。なんだか前半は上りばかりのような気がします。でもこの辺は高校駅伝や女子駅伝のコースになってるので、駅伝選手気分も味わいながら行けるかも!?

左手に大きな駐車場があって、その奥に「左大文字」と金閣寺の森が見えます。
コースは右に大きく曲がって北大路に入り、「千本北大路」から下りになります。道幅が広いので快適このままずっとこの道を行きたいのですが、15km地点を過ぎると、北大路を離れて左折します。
                                               (続く) 

コース案内動画

京都マラソン | 18:06:18 | トラックバック(0) | コメント(4)
前のページ

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。