■プロフィール

まりも@京都を走る

Author:まりも@京都を走る
FC2ブログへようこそ!

■最新記事
■最新コメント
■最新トラックバック
■月別アーカイブ
■カテゴリ
■検索フォーム

■RSSリンクの表示
■リンク
■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QR

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
干支めぐりマラニック【龍】
ここ数年、毎年お正月にその年の干支にちなんだところを走って回る、干支マラニックを企画しています。
2012年今年の干支は「辰(龍)」。
1月7日、総勢28名のご参加をいただき、楽しく走ってきました。
すっかりアップが遅くなってしまって申し訳ありません。

コース図

JR長岡京駅からスタート。お天気もよいですが、ちょっと風が寒いです。
東口を出て少し南に下がると、「神足(こうたり)神社」があります。

神足神社は特に辰と関係はないのですが、名前がいいじゃないですか。
「神の足」ですから!ランナーとしては一度はお参りしておきたいところですね。

DSC02964.jpg



そこから歩いてすぐのところにあるのが「勝竜寺城公園」。
近くにある「勝竜寺」というお寺から名が付いた「勝竜寺城」。織田信長の勝竜寺城の戦い、細川ガラシャゆかりの城、明智光秀が山崎合戦で敗れ落城した城などとしてたびたび歴史に登場します。
入り口には、龍が絡みついたオブジェがありました。
DSC02965.jpg

スタートしていきなり見学ばかりなので、ここからしばらく走ります。
「東神足」交差点から東へ、名神をくぐり、長岡京市スポーツセンターを回りこんで、北東へまっすぐに伸びるあぜ道を行きます。工場や畑や田んぼの中の何の変哲もないようなあぜ道ですが、これは平安時代からの計画道路であった「久我畷(こがなわて)」。こういう道が残っているのが京都ならではですね~。是非皆さんに通っていただきたくてコースに入れました。

外環状線まで出て、東へ。羽束師橋を渡ります。北側には遠く愛宕山も望めます。
桂川左岸のサイクリングロードを北へ。気持ちいい道です。途中の河川敷にある「鳥羽の大石」は、二条城城郭造営のために運ばれる途中で大地震のために沈んだとされるものです。その近くには、こんな時期に桜が咲いていました。

鳥羽離宮公園」へ。ここは以前の幕末マラニックでも訪れたところなので、今回の参加者の中にも覚えておられた方もありましたね。幕末に「鳥羽伏見の戦い」の端緒が切られたところです。小高い丘の上で記念写真。
DSC02975.jpg


ちょっと、雪雲が流れてきて薄ら寒くなってきました。こんな時期ですので、お昼は1号線に出て集合時間を決めて、適当に分かれて好きなところで食べていただきました。私たちはマクド。マクドってコーヒーお代わり自由なんですね~。知りませんでした。でもたくさんいただくとトイレが近くなるので、私は1杯でやめときました。

再集合後、1号線を渡って城南宮へ。方除けの神様です。家を普請するときもここにお参りするそうですね。初めてお参りに来たという方も多かったです。境内の中に、「一寸法師上陸の地」と書かれた説明がありました。一寸法師??これっておとぎ話じゃないの?お椀の船に箸の櫂で川をどんぶらこと来るんですよね。
また、調べてみなくちゃ。

そこから城南宮道を東へ。24号線を越えて、墨染通。「清和荘」という立派な料理旅館があるのですが、その前に「近藤勇遭難の地」という碑が。こういうのがさりげなくあるのが京都ですよね~。

琵琶湖疏水に入って北へ。
DSC02976.jpg

水が少なくなっていてちょっと臭かったです。琵琶湖疏水にかかる古い石橋には、帝国陸軍の五芒星マークがついています。琵琶湖疏水の近くには、かつて陸軍第16師団がおかれていたんですね。その名残で疏水の西側を南北に走る道路は「師団街道」といいます。

名神をくぐって、その名も「師団橋」で疏水と分かれ、深草トレイルを目指します。付近のかつて聖母女学院は師団の本部が置かれたところ。JR奈良線を渡ります。
時間が余りそうだったので、予定では寄らないつもりでいた、瑞光寺の「白龍銭洗弁財天」に寄ることにしました。
ここには龍の口から流れ出るご神水があって、その水でざるに乗せたお金を洗って身につけると、金運がアップするそうです。
下見で来たときはもっとさびれていたけど、お正月でちょっとこぎれいになってました。ざるもちゃんと準備されてましたし。ご参加の皆さん、順番にざるでお金を洗っていましたよ。私も最後に、有り金の小銭全部洗っておきました。
DSC02992.jpg


さらに北へ走っていくと、「ぬりこべ地蔵」というお地蔵さんのお堂があります。ここは、歯痛の神様としてとても有名で、全国からお参りの方が来られるところ。「京都市伏見区ぬりこべ地蔵様」で郵便が届くそうですから。
ここも歯にいろいろある方を中心に皆さんでお参りしました。

ここからすぐに伏見稲荷大社になります。一番近いところから境内に入るとちょうど「東山三十六峰マウンテンマラソン」のゴールの辺りになります。
でも、まずは本社にお参りしないとね。ということで境内を下りていきました。
さすがにまだ松の内の土曜日ということもあって、すごい人。
さすがに30人近い大所帯だと点呼を取るのも大変です。時間を決めて再集合することにしましたが、集合場所の指定の言い方が悪かったみたいで、数人別の場所に行かれてました。すみません。

集まったら、千本鳥居を抜けて、奥社からちょっと参道を離れ山道を上ったところにある「伏見神宝神社」に行きました。ここは今回のマラニックでも一つ目のメイン。
なぜかというと、狛龍があるんですね。本殿両脇に置かれています。右が天龍、左が地龍だそうです。
DSC00539.jpg
DSC02994.jpg

由緒は古く平安時代の創祀で、もとは稲荷山の山上にあったそうです。社名の「神宝」は奉安の十種の神宝(興津鏡、辺津鏡 、八握剣、生玉、死反玉、足玉、道反玉、蛇比礼、蜂比礼、品物比礼)とのこと。

境内には、重軽石もありました。願いを込めてから自分が思ったとおりに石が重くなったり軽くなったりすれば、願いが叶うというもの。私は下見の時にしっかり願いを込めて持ち上げましたよ。ちゃんと重くなったり軽くなったりしたので、願いが叶うかな?皆さん、熱心に持ち上げようとしています。
DSC02997.jpg


その後は千本鳥居で四辻まで上って記念写真を撮りました。四辻まで上ると市街地が眼下に広がります。本当は稲荷山一周したかったですが、参道は歩かなければならず、ちょっと時間がなくなりました。
途中に人だかりがするので、何かなと思ったら「おさる」!
まあ、私は嵐山でしょっちゅう見ているので珍しくないですけどね。

鳥居を三辻まで引き返して、お産婆茶屋方面に下ります。この参道沿いには奉納された小さな祠やら小さな宗教法人やらいろいろなお稲荷さんやお宮さんがひしめいています。独特の雰囲気。

ここで、途中合流するはずだったT氏から連絡が入って、本社の方にいるとのこと。
人出が多くて大変でしたが、何とかみんなそろって合流できました。
次に最後の辰スポットの「瀧尾神社」を目指して、下見で見つけた車の少ない住宅地の中の抜け道を駆使して行きます。東福寺の境内を抜け本町通りに戻るとすぐですが、そこで私の知り合いに偶然あって立ち話しているうちに先頭が先に行ってしまいました。通り過ぎると大変なので、慌てて猛ダッシュ。

瀧尾神社には、拝殿の天井に全長8mの巨大な龍がいます
DSC03010.jpg

あまりに見事なので「龍が夜な夜な抜け出して、川へ水を飲みに行く」と噂されたほどだそうです。
その他にも本殿にはいろいろな不思議な動物や生き物の彫刻がびっしりと彫り込まれています。
創建年代は不詳ですが、「源平盛衰記」にもその名が見られ、天正14(1586)年10月に、現在地に遷座されました。「福助」のモデルとなり今の大丸百貨店の礎を築いた天下の豪商・下村彦右衛門が熱心に参ったことでも知られ、現在の本殿、拝殿、手水舎、絵馬舎は、下村家の手により江戸後期の天保10(1839)年〜11年にかけて造立されました。本殿は「北山貴船奧院御社」旧殿を移築改築したもので、京都市指定有形文化財だそうです。

私たちが拝殿でがやがやと見物していると、神主さんが来られて解説をしてくださいました。
DSC03009.jpg

大丸と福助の関係なども大変興味深かったです。その説明の最中に、神主さんの携帯が鳴ると、すかさず「大丸さんからですか?」というジョークも飛び出し、場内大爆笑(笑)
とても丁寧に説明していただいてありがたかったですが、汗が冷えてちょっと寒くなってしまいました。

さあ、暖かいお風呂を楽しみに京都タワーに向かいます。
途中、JR線路を陸橋で大またぎするところでは、「鉄」分の多い方々も大喜び。
ぼちぼち走って、当初の予定の3分遅れで京都タワーに到着。ほぼ予定通りでマラニック終了です。

それから京都タワーのお風呂にゆっくりつかって、打ち上げは堀川塩小路の居酒屋「金八」さんで。
ぐるなびで見つけた小さなお店で、今回の参加者全員入ると、カウンターまでいっぱいでお店貸し切りなのですが、これが本当にリーズナブルでよいお店でした。

お料理もおいしいし、お酒もおいしいし。
まぐろの中落ちなんて、こんなにダイナミックに出てきます。これを貝殻でこそげていただきます。
DSC03012.jpg

魚料理中心で牡蠣とかお造りとかいろいろ。他の方の写真を見てると、私が食べ損ねたものもあるみたい。
途中で、わざわざ挨拶によってくれたHちゃんの飛び入りもあって大盛り上がりでした。

ご参加の皆さん、ありがとうございました。
また来年もごひいきにお願いします。












マラニックイベント | 18:31:20 | トラックバック(0) | コメント(8)
【京都マラソン】宿泊・ゲストハウス情報
もうすぐ京都マラソンの抽選結果の発表ですね。
当選された方、おめでとうございます。
この時期は、京都も春の観光シーズンに入りつつあり、安いホテルなどはなかなか取りにくいかもしれません。
もし宿泊の予約に難儀されてる方があれば、
こちらのサイトに、京都のゲストハウスの情報がまとめられています。
楽天やJTBなどのネットトラベル検索には入っていないところが多いので、予約が取れるかもしれません。
ご参考まで。

京都のゲストハウス

ちなみに、スタート地点の西京極に行きやすいのは、阪急沿線です。
西京極駅は、通常特急は停まらないので注意してくださいね。

また、乗り換えで阪急に入りやすいのは、地下鉄、京阪、京福(嵐電)沿線です。

バス利用になるところは、京都になれてる方はいいですが、京都のバス路線は複雑ですし、当日は交通規制で路線が変更になっている可能性があるので、おすすめしません。


京都マラソン | 12:01:38 | トラックバック(0) | コメント(0)
【続編取材】京北トレイル
お天気のよい火曜日、続編取材で京北トレイルに行ってきました。
京都一周トレイルコースでは、細野が発着点なのですが、ここは何にもないところなので、周山を起点にコース再編。

周山-魚ヶ淵-細野-滝又の滝-余野-大森西町-茶呑峠-竜ヶ坂-パラグライダー離陸場-中江-山国神社-周山

距離:26.882km 累積標高:2635m (ガーミン無修正)

DSC00453.jpg

各所で写メでつぶやきましたので、既知の方もあるでしょうが、
とにかくここは絶景です。
パラグライダー離陸場。これだけを見に行く価値もありますよ。
福井県境まで見えるのではないかという展望です。

全体として、京北トレイルは人が少なく静かです。
この日もコースの中で、ハイカーには1組しか出会いませんでした。
でも、最近整備されたところなので、それほど荒れた感じはありません。
プロフィールマップを見ると、結構凸凹しているのですが、走れるところは多いです。
それに、トイレが比較的整備されています。
地元の方のご厚意がにじみ出たトイレです。
きれいに使わないといけません。

アクセスがあまりよくないので、どうしようかと迷いましたが、やはり京北コースは載せたいです。
それでは原稿にしていきます。

(蛇足)
周山から魚ヶ淵に向かう道で、昔、自転車に乗ってた頃の旧ジテ友(女性)に会いました。
今日はフリーで、ポタリングだそうです
20年ほど前の仲間ですが、お互い年を取っても相変わらずこんなことばかりやっています(笑)




未分類 | 18:32:23 | トラックバック(0) | コメント(0)
新聞等掲載状況
☆10月14日付朝日新聞京都版に取り上げていただきました。
http://t.co/53uSZ1Qb

☆また、この記事を元に、同日11時からのFM京都(αステーション)「サニーサイドバルコニー」で紹介いただきました。

☆10月14日京都新聞暮らし面に取り上げていただきました。

☆10月22日発売、『ランナーズ』12月号、「若ちゃん通信局」コーナーでご紹介いただける予定です。

反響多く嬉しい次第です。ありがとうございます。



未分類 | 17:31:58 | トラックバック(0) | コメント(0)
【京都マラソン】コースインプレッション(後編)
京マラマップ

【30~35km】

下鴨中通を上がって、北山通に戻って左折。府立資料館、植物園を左手に見ながら、北山大橋を渡ります。
渡り終わったら左折して加茂街道。
DSC00270.jpg

しばらくは堤防上を行きますが、途中から河川敷に。下り口は狭く、路面も変わり下りなので、ここもランナー密度が濃い~時間帯は詰まりそうですね。
京都シティハーフマラソンの時でも、河川敷に下りるところは必ず詰まりました。

河川敷は空は広くて、それなりに開放感があります。
DSC00272.jpg

道幅も1~1.5車線ほどはありますが、何せ路面が凸凹しています。時々砂を入れてるのですが、ちょっと雨が降るとすぐに掘れてしまうのですよ。
毎年frunで開催してる「京都鴨川おこしやすマラソン」でも、この走路のサーフェイスには困ってます。あるランナーさんは「クロスカントリーのよう」と表現されましたから・・・
よく路面を見て、足を取られないようにして下さいね。
雨も困りますが、乾燥しすぎてても砂埃が出るかも

でも景色はいいですよ。特に北大路橋を越えると、送り火の「大文字山」や東山方面がよく見えます。

北大路橋に始まり、出雲路橋、新葵橋、出町橋、賀茂大橋、荒神橋と右岸で6つの橋をくぐりますが、その度に多少のアップダウンがあります。それから橋桁でコースが狭くなりますので、これにも注意してね。

出町橋を過ぎると賀茂川と高野川が合流する通称「鴨川デルタ」を左手に見ますが、この辺りはとりわけ走路が狭いです。橋も集中してアップダウンの連続、タイム狙いの高速ペースランナーではかなりテクニックを要求されるのでは?

賀茂大橋下流は比較的河川敷広いです。が、ところどころ隘路もあるので、気を抜かないように。
荒神橋下流付近で35km。

【35~40km】

丸太町橋で鴨川を渡るので、橋の手前で河川敷から道路に上がりますが、この出口が「おいおい、これが大規模マラソンのコースかよ!」と思わず口に出てしまうほどの超隘路。しかも上り。
DSC002731.jpg

上ったら、超鋭角で左折。ここも難易度高いよ~。正面には旧京都中央郵便局中京分局だった近代建築があるのだけど、あまりゆっくり見てる暇ないかも。

丸太町橋を渡ったら川端通を左折。ここは道幅もあるので割に走りやすいと思います。東一条通を右折すると、正面の奥に「大文字山」が見えますよ~
DSC00277.jpg

東に走るにつれて、周りはだんだん京都大学の関連の建物が増えてきます。

東大路を左折、ここからまたしばらく高校駅伝・女子駅伝のコースと同じですよ。京大西部講堂や京大博物館の間を通って、百万遍を右折。今出川通になります。道幅はありますが、緩い上りになっています。白川通手前で折り返し。まっすぐ行けば銀閣寺ですが、全く見えませんのであしからず。交差点の名前が「銀閣寺道」なので、それでああ銀閣寺の近くだな~と思ってください(笑)

上ってきたので、折り返せば緩く下ります。すれ違うランナーにエールを送りながら気分よく走れるかな。
再び百万遍で左折して、少し行った辺りが40km。

【40km~ゴール】

さあ、ようやくゴールも近づいてきました。東大路は両側に京都大学関係の建物がずっと続いています。右手に大きな京大病院が見えてきたら、
DSC00280.jpg

そろそろ東大路も終わり、まもなく丸太町通を左折。北東角には八つ橋のお店があるので、風向きによってはいい香りがするかも。

丸太町通を東へ行くと、右手に平安神宮の森が見えてきます。ゴール近いですね~。あとひとがんばりですよ。歩道橋を過ぎたら、すぐ右折。この角は以前の京都シティハーフでも岡崎公園への入口でした。ハーフの時はまたすぐに右折してゴールに向かったけど、今回は直進。動物園や京都市美術館の間を抜けて、疏水のある仁王門通で右折。もうゴールの平安神宮の大鳥居がチラチラと見えます。そのままスパートしていきたいのですが、最後の最後にまたコーナーがあるので、うまくコース取りしてかっこよくゴー-ル!
DSC00284.jpg

お疲れ様でした。


【総評】

冒頭にも言いましたが、テクニカルなコースです。
コーナーとアップダウンがかなり多いです。
路面も走路幅も変化が大きいです。

ただ、走ったことのある東京マラソン、下見に行った大阪マラソンとの違いは、東京・大阪がコース後半に湾岸部となり景色が単調、大味すぎるコースとなっているのに対して、後半~最終版に結構景色がよくて、市街地にも近いので応援が期待できそうってところです。

それから、開催される3月11日。前身の京都シティハーフマラソンも毎年3月第2週に開催されていましたが、まだこの時期の京都は冬の名残が強くて、場合によっては雪も降ることもあります。寒くなると季節風が強くなるので、市街地の縁辺や河川敷の多いこのコースではかなり寒いことも予想されます。こればかりはふたを開けてみないとわかりませんけど・・・









京都マラソン | 15:04:01 | トラックバック(0) | コメント(2)
前のページ 次のページ

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。